愛媛と太陽光発電

東日本大震災を経験した日本は、節電や今の発電に代わる新しいエネルギー源を探し求めています。
とくに福島での被害があってからか、原子力発電の危険性を考え「原発反対」を掲げる人も多くなってきています。
愛媛でも伊方発電所において原子力発電を行っており、反対視する人も多くいます。
現在主な発電は原子力と火力です。
原子力は前述のとおり、火力はCO2の問題やエネルギーに必要な石油の供給量が危惧されています。
そこで今最も注目されている発電が「太陽光発電」です。
自然エネルギーを使うのでエネルギーコストを使わず、ソーラーパネルの設置などで可能なため比較的容易に準備ができます。
設置に料金はかかりますが、その後のランニングコストを考えると将来的には元を取ることも可能です。
あわせてオール電化を取り入れることで、光熱費を最大限抑えることもできるようになるのです。
愛媛の電気屋でもこぞってオール電化と太陽光発電をセットにして売り出そうとしています。
特に松山は、大都市圏に比べ小規模な商圏ながら電気屋が集中し、それぞれがひしめき合っている状態です。
null保守派が多い愛媛県人において、どこが先に太陽光発電の顧客を多く獲得できるかが大きな勝負となっていることでしょう。
愛媛県人は保守派が多いと前述していますが、実際問題「原発継続」を望む声もまだまだ多いです。
長いこと伊方原発に頼っているものですから、そういう意見が多いのも頷けます。
しかしいつ政府に原発が取り潰されるかわかりません。
早いうちに愛媛でも太陽光発電を多く取り入れていきべきでしょう。

コメントは受け付けていません。