太陽光発電を愛媛でつけるためには

太陽光発電を愛媛で取り付けたいときにはどのような段取りになるのでしょうか。
家を建設するときに一緒に取り付けるのが手間がかからなくていいと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、新築のときに一緒に太陽光発電を取り付けてしまいますと補助金がもらえなくなる可能性があります。
というのも補助金をもらうための条件は後で取り付けることだからです。
最初からつけてしまいますともらえませんので、新築の家にもしも取り付けたいと思っているのでしたら、完全に家が完成してから出ないといけません。
そして取り付ける時には取り付け業者をまずは見つけます。
最初に太陽光発電のメーカーからシステムを買わなければいけないのではと思う方もいるかも知れませんが、システムはメーカーから買うのではなく取り付け業者から買うのです。
取り付け業者では沢山のメーカーの発電機を取り扱っていますが、その中から調査などをした結果一番合っているものを選んでもらえます。
というのもメーカーにより発電効率が違いますし、さらに耐久性の違いなどもあります。
愛媛の場合でしたら日本の中では暑過ぎるわけでもなく、寒すぎる地方でもありませんが、耐久性のあるものを選んだほうがいいかも知れません。
長い間使うためです。
調査は取り付け業者のほうでしてもらえます。
屋根の状態を確認したり、発電を調べる機械などを設置して発電量を調べるのです。
これで大体の発電量が分かります。
そして契約をします、そうすると次は工事の日程などを決めるのですが、見積もりなどもこのときにしてもらうのです。
工事も期間はその場合にもよりますが、そのまま屋根に取り付けられる場合には大体一日程度で終わります。
もしも屋根に取り付けできない場合には足場を作ってからになりますので、足場を作るための時間がかかりますのでその分はちゃんと計画を持っください。
これで終了すればその日のうちから太陽光発電を堪能できます。
これが全体の流れです。

コメントは受け付けていません。