愛媛でするならば早めに!

東日本大震災以降、原子力発電以外の発電手法に注目が集まっています。
とくに都心部では 化石燃料を燃やして発電する方法が注目されています。
一方 スペ−ス的に余力のある地方都市、例えば愛媛では風力発電が真剣に取り沙汰されたり、あるいは行政主幹で 戸建て住宅の屋根の上に多くの太陽光発電を据え付けるための施策検討が進められています。
たしかに太陽光発電は設置するパネルの大きさに比例して発電量は増えます。
だから大きな屋根の家は 有利になります。
また 行政から出る補助金も全国レベルから言うと 愛媛はちょうど真ん中あたりになるかと思います。
ちなみに今年は募集期間が、平成24年4月19日(木曜日)から25年3月29日(金曜日)までとなっています。
null補助金額は、太陽電池モジュールの公称最大出力1kwあたり3.5万円または3万円となっています。
これと国からの補助金を絡めて設置費用の一部に充てると普及はかなり進むと考えられています。
補助金というのは、普及が進み予算がなくなったら 終了です。
もし、太陽光発電の設置を愛媛で考えているならば、早期に実施されることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。