太陽がさんさんと輝く愛媛で太陽光発電を

愛媛といえば、みかんの産地ですよね。
みかんがおいしいところというのは、太陽がさんさんと輝いているというイメージがあります。
太陽がさんさんと輝いている場所は、太陽光発電を設置するのに向いていますよね。
太陽光発電は発電量と日照時間は大きく関係しています。
曇りや雨の日は、通常の10分の1程度まで発電量が減ってしまいますので、太陽がいつも輝いているというのは一番重要な要素なのです。
ただ、太陽が輝くのは大切ですが、熱くなると放電量が大きくなるので、太陽光発電はやや苦しくなってきます。
愛媛は気候的にもちょうど良い地域かもしれませんね。
太陽光発電を導入すると、生活のスタイルがすっかり変わってしまうとよく言われます。
無尽蔵の太陽エネルギーを手に入れて、ばんばん電気を使うようになるのかと思うと全く逆で、節電意識が大いに増す人が多いのです。
それはやはり、電気のありがたさがわかるからでしょう。
いくら太陽光発電を導入しても夜は発電できませんし、曇りや前、雪でも発電量は大きく下がります。
また熱くなっても発電量が落ちます。
つまり安定していないということです。
それだけに電気のありがたさを感じるようです。
また、余剰電力はお金になりますので、これも節電意識が高まる大きな理由のようです。
昼間発電して、それを使わなければどんどん売ることができるのです。
売ると言っても、自然に電線を伝って、近所の家で使われるといった感じですけどね。
お金になるのだったら、節電しようと思いますよね。

コメントは受け付けていません。