雪害と愛媛の太陽光発電

愛媛につきましては、雪の心配があまりないと思われる方もいらっしゃるのですが、
年に数回ほどは雪が降ることもあります。
ある程度標高の高い地域もありますので、そういった地域は雪が積もることもあります。
そういった地域での太陽光発電はしっかりとできるのかということを気にされることが重要です。
雪と太陽光発電の相性という意味でも、
そのような部分には詳しくチェックしていくことが必要になります。
愛媛の太陽光発電についてなのですが、
実際に雪というものはあまり心配しなくてもよろしいです。
そういったものには理由がありまして、
太陽光発電が特に阻害される部分としましては豪雪地帯の実となります。
太陽光パネルに雪が積もらなければ、ある程度降りましても問題にはなりません。
また雪が積もる地域には積もる地域用の太陽光パネルの角度というものが採用されるのです。
ですので、もし積もったとしましてもパネルに角度がついていますので、
自然に雪が流れ落ちていくように計算されて設計がされるようになります。
そういった意味からも雪の少ない地域では、
雪への対応はあまり考えなくてもよろしいのです。
ただし雪が落下するということになりますので、null
お隣などとの境界線に雪が落下したすくなる可能性もあります。
そういったことには気をつけることが必要です。
前もって、太陽光発電システムを設置する工務店の方へその角度についてお話しまして、
雪の落下地域を選定していくのもよろしいです。

コメントは受け付けていません。