太陽光発電を設置する際は補助を活用しましょう

太陽光発電システムを設置したい人にとって一番の問題は設置費用の高さではないかと思います。
太陽光発電システムを一般家庭に設置する際の費用の相場は「1kwあたりのシステム価格が40万円から50万円」と言われています。
ということは、4kWタイプの太陽光発電システムを設置するためには200万円前後、6kWタイプの場合には300万円前後の費用が必要ということになります。
太陽光発電システムは長期的に見れば光熱費の節約効果もありますし、余剰電力を売却することもできるので経済的なメリットも大きいのですが、それでもやはり初期費用の大きさというのは太陽光発電を設置するのを躊躇させる要因の一つとなっています。
そこでクローズアップされるのが「補助金」の存在です。
太陽光発電設備の導入に際してなぜ補助金が出るのかというと、一言で言えば「地球環境を守るため」ということになるでしょう。
太陽光発電は他の発電施設と違って有害物資を排出しませんし、原子力発電のような危険性もありません。
また、太陽光発電の電池モジュールは各家庭の屋根に設置されるわけですから、国や自治体が大きな土地を用意して特別な施設を建設する必要もありません。
つまり、国や自治体が大規模な発電所をつくる代わりに各家庭に小さな発電機をつくってもらい、その対価として補助金を支払うということになります。
では、実際にどのくらいの補助金が支給されるのでしょうか。
補助金は国・都道府県・市町村の3カ所から支給されます。
まず、国からの補助金についてですが、これは全国どこでも一定の補助金を受けることができます。
具体的には「1kwあたりのシステム価格が47.5万円以下の場合は1kwあたり3万5000円、1kwあたりのシステム価格が47.5万円から55万円以下の場合は1kwあたり3万円」となります。
次に地方自治体から支給される補助金についてですが、これは地域によってかなり差があります。
一般的に都市部ほど補助金の額は高い傾向にあり、4キロワットの発電モジュールを設置した場合、東京都の大田区では最高で75万もの補助金が受けられます。
盛岡市や那覇市が2万円、静岡市や広島市が5万円ということですから、大田区の補助金額がどれほど大きいか分かるでしょう。

結婚式 エンドロール
リアンの映像がお2人の結婚式・披露宴を美しい思い出として映像に残します。