自作もできる太陽光発電システム

太陽光発電というと、「システムの導入に何百万円ものお金が必要だ」というイメージがあります。
実際、業者に頼んで自宅の屋根に太陽光発電システムを設置すると、発電量の大きさにもよりますが、最低でも150万円ほどが必要になります。
「そんな大金は用意できない」と太陽光発電の設置をあきらめてしまう人もいるかも知れませんが、実は太陽光発電システムを非常に安く導入する方法があります。
それが「太陽光発電システムの自作」です。
「太陽光発電の自作なんて絶対に無理」と思われる方も多いかもしれませんが、実は日曜大工程度の腕前と工具さえあれば、案外簡単に太陽光発電を自宅に設置することができるのです。
太陽光発電を自作で導入するために、必要な部品を購入する必要があります。
必要な部品としては「太陽電池モジュール」、「パワーコンディショナー」、「架台」、「ケーブル」などがあります。
何を揃えたら良いのかわからないという人もいると思いますが、最近は太陽光発電システムを自作するためのキットが売られているので、そういったものを利用すると簡単に必要な部品を買い揃えることができます。
必要な機器や部品が揃ったら、あとはお好みの場所に設置するだけです。
太陽光パネルというと屋根に設置するイメージが強いですが、広いバルコニーのあるマンションにお住まいの方はバルコニーに設置しても良いですし、地方にお住まいの方で広い土地をお持ちの方は土地いっぱいにパネルを野立てして、ちょっとした発電所をつくるのもよいでしょう。
屋根の上に設置する場合は地震や台風などでパネルが落ちてこないようにしっかりと固定しましょう。
一つ問題なのは、自作した太陽光発電システムの場合には、そのままでは電力を買い取ってもらえないということです。
たとえば、余った土地を利用して自分でたくさんの太陽電池パネルを設置して発電した電気を売ろうと思った場合には、自作したシステムがきちんと基準を満たしているかどうか、JATE(財団法人電気通信端末機器審査協会)の審査を受ける必要があります。
この審査に通過すると電気を売ることができます。

ハウスクリーニング 港区
文京区、北区、港区を中心に東京、埼玉でハウスクリーニングとエアコンクリーニングを提供しています。