少ない布団で温かく眠れる様にしたい

私は今まで布団を何枚も重ねて使用する事で冬の寒さを凌いでいました。
その間も大した暖房を使用せず、フェイスマスクなども着けて寒さを凌いでいたのですが、
このまま暖房無しで冬の夜を凌ぎ切れるはずだと思っていた時にある問題が起きたのです。
その問題を解決する為に太陽光発電を導入しました。
問題というのは布団を重ねすぎたのが原因で寝返りを上手く打てない事による疲労感の事です。
人間というのは寝ている間に寝返りを打つ事によって体液や血液の流れを上手く作る事が出来るのですが、
私の場合は布団を重ねすぎて、布団の重みによって寝返りを打てないでいたらしいのです。
試しに布団を重ねすぎず、暖房を少しだけかける事で寒さを凌いでみたところ、
目が覚めた時に横になって寝ていたので寝返りが打てている事もよく分かりますし、
起きた後の疲労感も大違いだったので、やはり布団の重みが原因なのだと思わされました。
しかし布団を重ねすぎている状態をどうにかするには、
松山市の冬の寒さを凌ぐ事を考えると暖房をつけ続けるしかありません。
寝ている間ずっと暖房をつけていないと風邪を引いてしまいそうですから、
電気代も今までと比べてかなり大きなものになってしまいます。
その状況をどうにかする為に太陽光発電を導入してみたのですが、
普段から節電している分だけ太陽光発電の発電量が余計に大きく思えます。
導入コストの元手が取れるまでそれほど時間もかかりそうにありませんし、
寝起きの疲労感からさようなら出来ると思うと安い投資でした。